おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2009年
03月
大脳の発達の仕方が部位により異なることを発見


Guy N. Elston, Tomofumi Oga, Ichiro Fujita

J Neurosci 29, 3271-3275 (2009)
19279264

認知脳科学研究室〈藤田教授〉
2009年
02月
脳において神経細胞が均一に分布するようになる機構を解明


Daisuke H. Tanaka, Mitsutoshi Yanagida, Yan Zhu, Sakae Mikami, Takashi Nagasawa, Jun-ichi Miyazaki, Yuchio Yanagawa, Kunihiko Obata, and Fujio Murakami

J Neurosci 29, 1300-1311 (2009)
19193877

2009年
02月
炎症、がん化に関わる新たなNF-κB活性化機構の発見


Tokunaga, F., Sakata, S.-I., Saeki, Y., Satomi, Y., Kirisako, T., Kamei, K., Nakagawa, T., Kato, M., Murata, S., Yamaoka, S., Yamamoto, M., Akira, S., Takao, T., Tanaka, K. and Iwai, K.

Nat Cell Biol 11, 123-132 (2009)
19136968

2008年
11月
Multilinear feedbackを用いた結合振動子系の制御


T. Kano and S. Kinoshita

Phys Rev E 78, 056210 (2008)  ※Virtual Journal of Ultrafast Science(12月号)に選抜
19113203

2008年
10月
Th17細胞は繊維芽細胞に存在するIL-6 増幅ループを活性化する事で自己免疫疾患を誘導する


Ogura H, Murakami M, Okuyama Y, Tsuruoka M, Kitabayashi C, Kanamoto M, Nishihara M, Iwakura Y, Hirano T

Immunity 29, 628-636 (2008)
18848474

2008年
10月
明るい光のもとでも光を感じることが出来る仕組みの一つが明らかになりました。


Sadaharu Miyazono, Yoshie Shimauchi-Matsukawa, Shuji Tachibanaki, and Satoru Kawamura

Proc Natl Acad Sci USA 105, 16051-16056 (2008)
19556550

細胞内情報伝達研究室〈橘木准教授〉
2008年
09月
分子モーターの運動ゆらぎから見た化学力学エネルギー変換のカップリングについて


Masatoshi Nishikawa, Hiroaki Takagi, Tatsuo Shibata, AtsukoH. Iwane, and Toshio Yanagida

Physical Review Letters 101, 128103 (2008)
18851416

2008年
08月
ヘテロクロマチンはセントロメア欠損に応じた染色体の再編成に影響を及ぼす


Ishii, K.*, Ogiyama, Y.*, Chikashige, Y., Soejima, S., Masuda, F., Kakuma, T., Hiraoka, Y. and Takahashi, K. (*; equal contribution)

Science 321, 1088-1091 (2008)
18719285

細胞核ダイナミクス研究室〈平岡教授〉
2008年
06月
IQGAP3は、Ras/ERKを介して細胞増殖を制御する。


Hisashi Nojima, Makoto Adachi, Takeshi Matsui, Katsuya Okawa, Shoichiro Tsukita and Sachiko Tsukita

Nat Cell Biol 10, 971-978 (2008)
18604197

分子生体情報学研究室〈月田教授〉