おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2006年
12月
PGC7/Stellaは、初期胚発生過程においてDNAを脱メチル化から保護する


Toshinobu Nakamura, Yoshikazu Arai, Hiroki Umehara, Masaaki Masuhara, Tohru Kimura, Hisaaki Taniguchi, Toshihiro Sekimoto, Masahito Ikawa, Yoshihiro Yoneda, Masaru Okabe, Satoshi Tanaka, Kunio Shiota, and Toru Nakano

Nat Cell Biol 9, 64-71 (2007)
17143267

病因解析学研究室〈仲野教授〉
2006年
11月
核―細胞質間蛋白質輸送因子インポーティンα解析に基づく再生医学研究への新しいアプローチ


Noriko Yasuhara, Noriko Shibazaki, Shinya Tanaka, Masahiro Nagai, Yasunao Kamikawa, Souichi Oe, Munehiro Asally, Yusuke Kamachi, Hisato Kondoh and Yoshihiro Yoneda

Nat Cell Biol 9, 72-76 (2007)
17159997

2006年
10月
DNAの分解異常による慢性多発性関節炎


Kohki Kawane, Mayumi Ohtani, Keiko Miwa, Takuji Kizawa, Yoshiyuki Kanbara, Yoshichika Yoshioka, Hideki Yoshikawa, and Shigekazu Nagata

Nature 443, 998-1002 (2006)
17066036

2006年
08月
亜鉛シグナルの樹状細胞活性化への役割の解明


Kitamura, H., H. Morikawa, H. Kamon, M. Iguchi, S. Hojyo,T. Fukada, S. Yamashita, T. Kaisho, S. Akira, M. Murakami and T. Hirano.

Nat Immunol 7, 971 - 977 (2006)
16892068

2006年
06月
神経回路網の多様性を生み出す遺伝子コードと軸索ガイダンスプログラムの同定


Shirasaki R, Lewcock JW, Lettieri K, Pfaff SL.

Neuron 50, 841-853 (2006)
16772167

細胞分子神経生物学研究室〈山本教授〉
2006年
05月
結合振動子系での結合関数の決定


Miyazaki, J. and Kinoshita, S.

Physical Review Letters 96, 194101 (2006)
16803103