おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2005年
11月
キネシンはエントロピーの力で一方向に動く


Taniguchi, Y., Nishiyama, M., Ishii, Y. and Yanagida, T.

Nat Chem Biol 1, 346-351 (2005)
16408074

2005年
09月
赤芽球から排出された核のフォスファチヂルセリンに依存した貪食


Yoshida H, Kawane K, Koike M, Mori Y, Uchiyama Y, Nagata S.

Nature 437, 754-8 (2005)
16193055

2005年
06月
G蛋白質共役型受容体キナ-ゼ7による錐体視物質の非常に強力なリン酸化


Tachibanaki, S, Arinobu, D, Shimauchi-Matsukawa, Y, Tsushima, S. and Kawamura, S.

Proc Natl Acad Sci USA 102 9329-9334 (2005)
15958532

細胞内情報伝達研究室〈橘木准教授〉
2005年
06月
Different mutation signatures in DNA polymerase {eta}- and MSH6-deficient mice suggest separate roles in antibody diversification.


Martomo SA, Yang WW, Wersto RP, Ohkumo T, Kondo Y, Yokoi M, Masutani C, Hanaoka F, Gearhart PJ.

Proc Natl Acad Sci USA 102, 8656-8661 (2005)
15939880

2005年
05月
紫外線によって誘導されるXPCタンパク質のユビキチン化はUV-DDB複合体の持つユビキチン・リガーゼ活性によって行われる。


Sugasawa K, Okuda Y, Saijo M, Nishi R, Matsuda N, Chu G, Mori T, Iwai S, Tanaka K, Tanaka K, Hanaoka F.

Cell 121, 387-400 (2005)
15882621

細胞機能学研究室〈西條准教授〉