おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2005年
02月
プロトカドヘリンα遺伝子クラスターの可変領域エキソンは、単一ニューロンにおいて片側対立遺伝子由来であり、複数の組合せ発現をしている。


Esumi S, Kakazu N, Taguchi Y, Hirayama T, Sasaki A, Hirabayashi T, Koide T, Kitsukawa T, Hamada S, and Yagi T.

Nat Genet 37, 171-176 (2005)
15640798

心生物学研究室〈八木教授〉
2005年
01月
Lethal anemia caused by interferon-β produced in mouse embryos carrying undigested DNA.


Yoshida H, Okabe Y, Kawane K, Fukuyama H, Nagata S.

Nat Immunol 6, 49-56 (2005)
15568025

2004年
10月
バクテリア鞭毛フックの構造と、分子ユニバーサルジョイントとしての動作のしくみ


Samatey FA, Matsunami H, Imada K, Nagashima S, Shaikh TR, Thomas DR, Chen JZ, Derosier DJ, Kitao A, Namba K

Nature 431, 1062-8 (2004)
* 論文のコメント: Molecular motors: smooth coupling in Salmonella by Surridge C.
15510139

プロトニックナノマシン研究室〈難波教授〉
2004年
10月
コケイン症候群B群遺伝子産物の完全欠損は、コケイン症候群ではなく紫外線高感受性症候群を発症する。


Horibata K, Iwamoto Y, Kuraoka I, Jaspers NG, Kurimasa A, Oshimura M, Ichihashi M, Tanaka K.

Proc Natl Acad Sci USA 101, 15410-5 (2004)
15486090

細胞機能学研究室〈西條准教授〉
2004年
06月
ミオシンVは単頭でも32nmの大きな・連続的なステップで変位を発生する。


Watanabe TM, Tanaka H, Iwane AH, Maki-Yonekura S, Homma K, Inoue A, Ikebe R, Yanagida T, Ikebe M.

Proc Natl Acad Sci USA 101, 9630-5 (2004)
15208405

2004年
05月
アポトーシス細胞が貪食されないと自己免疫疾患をひきおこす


Hanayama, R., Tanaka, M., Miyasaka, K., Aozasa, K., Koike, M.,
Uchiyama, Y., and Nagata, S.

Science 304, 1147-1150 (2004)
15155946

2004年
05月
細胞の可動性を制御する亜鉛輸送体を世界で初めて発見 - 再生医療、癌の治療につながる大きな一歩


Yamashita, S.*, Miyagi, C.*, Fukada, T., Kagara, N., Che, Y.S. and Hirano, T. (* equally contributed)

Nature 429, 298-302 (2004)
15129296