おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

卒業生より

独立行政法人 理化学研究所<br>脳科学総合研究センター<br>知覚神経回路機構研究チーム<br><br>塩崎博史さん<br>平成23年度修了 博士(工学)

いきものの面白さに目覚める


独立行政法人 理化学研究所
脳科学総合研究センター
知覚神経回路機構研究チーム

塩崎博史さん
平成23年度修了 博士(工学)  

 学部では数学を専攻しましたが、脳と心の関係に興味をもち、生命機能研究科へ入学、霊長類の視覚についての研究を行いました。入学当初は、脳には興味があったものの、いきものそれ自体には興味がありませんでした。しかしいまは、いきものの魅力にとりつかれています。この心境の変化は、大学院の間に幅広い学問分野に触れることができたからです。所属した研究室の中では、工学、生物学、心理学を学んできた同僚と、どうすれば脳機能の仕組みを解明できるかをとことん議論することができました。研究科内の他の研究室を見渡すと、みな独自の切り口で生命現象の謎に挑んでおり、分子、細胞、組織、個体、そして社会と、様々な階層で面白い現象が存在することを知りました。雑多な学問的背景、学問的興味をもつ人たちに囲まれることで、いきものが好きになるとともに、世界にはまだ自分の知らない面白いことがたくさんあると確信するようになりました。そんなぼくのいまの相棒はハエです。ハエは、学習、記憶、行動制御、感覚運動変換といった機能を、ごく少数の神経細胞を使って実現しています。この効率のよさの秘密を解き明かすことで、脳情報処理の本質がみえてくると期待しています。