活動内容

国際・国内における学術集会・ワークショップの共催支援募集について

平成23年3月22日作成


 生命機能研究科GCOEプログラム事業の一環として、以下のとおり平成23年度「国際・国内における学術集会・ワークショップの共催支援」を行うことになりました。本研究科から相当数のスタッフ、ポスドク、大学院生の参加が見込まれる場合、開催費用の一部の支援が可能です。予算に限りがありますので、審査に基づいて支援行事を選定いたします。添付の申請書を作成のうえ、ご応募下さい。

                    国際・国内集会担当 COE委員 藤田 一郎
                                    浜田 博司

応募条件

本研究科基幹講座を主たる研究場所とする教員が主催または共催に関わる国際・国内における学術集会・ワークショップについて、GCOE事業推進担当者が申請代表者であること。応募する学術集会は、平成24年2月末までに完了するもので、生命機能研究科から、演者・講師・受講生として相当数の参加が見込まれるものに限ります。開催地は問いませんが、大阪大学内、近郊開催の行事を優先します。

助成金額 1件あたり100万円を上限とし、若干数の採択を予定しています。(応募状況、予算状況によって変更になる可能性があります。特別な要望がある場合は担当委員までご相談ください。)
使用方法 助成金をそのままお渡しするのではなく、招聘講師の旅費代金などの支払いによりサポートします。支払い可能費目については、COE企画室にご相談ください。
提出書類

1.平成23年度 学術集会・ワークショップの共催支援募集申請書 Word書類
2.申請内訳額の根拠となる書類。講師招へいについては、講師氏名、所属、身分、旅行日程、必要な旅費の概算額の一覧表、会場・機材借料、印刷費その他については見積書を添付してください。当研究科からの参加者への支援を含む場合には、講師へいと同様の参加者一覧表(学生の場合は学年を明記)を添付して下さい。
但し、審査にあたって審査委員会から質問したり、追加資料の提出を求める場合があります。

募集期間 申請受付は、平成23年4月1日~平成24年1月6日までの期間の随時。ただし、申請の集会が平成24年2月末日までに終了するものに限ります。
送付先/
問合せ 
申請書はE-mailに添付してお送りください。
問い合わせ  メール件名:国際・国内集会の共催支援応募 ○○研
生命機能研究科 COE企画室 
coe-info@fbs.osaka-u.ac.jp, 電話06-6879-4645
応募の受付をしましたら、受付確認メールを返信します。返信のない場合は、お問い合わせください。
採否結果 申請書受領後2週間以内に、審査結果を研究室責任者にお知らせします。
採択後  集会の案内ポスターには「大阪大学大学院生命機能研究科グローバルCOEプログラム」の共催(または主催)であることを記載してください。(本プログラムの名称を併記される場合には、プログラム名は"高次生命機能システムのダイナミクス"としてください。)また、ポスターが出来上がり次第、紙媒体のポスターと、ポスターのPDFファイルをCOE事務局に提出してください。GCOEプログラム終了後の報告書作成のときに必要となります。
 また、集会開催後に報告書(プログラム、講師陣、参加人数、会の要約など)の提出をお願いしますのでご承知置き下さい。

 この件に関する問い合わせ:
   COE企画室:coe-info@fbs.osaka-u.ac.jp