活動内容

外国人研究者等滞在申請について

平成23年5月12日更新

COE外国人研究者等滞在申請について

生命機能研究科のグローバルCOE国際交流企画プログラム事業の一つとして、外国人研究者等滞在援助募集を行います。本事業では、
(1)生命機能研究科における国際的な情報集積と情報発信を盛んにする、
(2)生命機能研究科を国際的に開かれた研究教育機関にする、
(3)国際的に活躍できる生命科学者を育成することを目指します。

これらの目標達成のために、研究科として本事業の促進と、その経費に対する援助を行いますので、支援を希望される方は、下記により必要な書類をご提出ください 。



1.外国人研究者等滞在プロジェクトの申請手続き

◆提出物チェックリスト  MS Word
申請に必要な書類のチェックにお使い下さい。

  • COE外国人研究者等滞在プロジェクト申請書(国際交流企画様式2) MS Word
    滞在者の略歴を申請書と共にMLに添付ください。様式不問。学生の場合は学生の所属機関の指導教授の推薦書も必須。H22.4.27 GCOE委員会決定)

    申請書記入後、メール添付でcoe-seminar@fbs.osaka-u.ac.jp まで送付して下さい。承認されましたら、メールにてご連絡差し上げますので、捺印済み原本をCOE企画室・森田に、まで提出してください。承認までには数日かかる場合があります。)申請が承認された後は、ただちに下記のとおり招聘に必要な書類を準備してください。

招聘者の滞在中にセミナー、指導助言などで謝金を申請する場合は、申請書2ページ目の「謝金を申請する場合」に記入いただき、滞在の申請書と同時に提出下さい。遅れて謝金申請されますと、確定した旅費の再計算等、会計処理が煩雑となり、旅費支給が著しく遅くなりますので、ご留意ください。

旅行者本人が必ず自費で海外旅行保険に加入して下さい。

招聘による旅行は原則として2月末までに終了してください。
やむおえぬ理由により、旅行が3月にかかる場合は、早めにご相談ください。

2.採択後~来日予定日4週間前までに行う手続き:
  
(可能なものから順次提出してください。)

押印欄・署名欄のある書類は学内便で、その他はメール添付で、COE企画室 森田晴子まで提出して下さい。 ygscrtry@fbs.osaka-u.ac.jp 

  1. 事前確認シート (安全輸出管理に関する確認が必要な場合のみ提出) 
    まず、「外国旅費申請の際の安全保障輸出管理に関する確認・手続きについて」にて、1~5に該当する場合は、届け出書の提出は不要です。  
      このファイルにてチェック→kakunin.pdf
    ●チェックの結果、事前確認シートが必要な場合
      このファイルをダウンロード、必要事項を記入の上提出ください。→ 別紙様式第2号の2(事前確認シート).xls  
  2. 航空券インボイスまたは領収書(氏名、金額、支払い通貨、購入日が確認できるもの。この段階では、FAX、スキャンで結構ですが、日本滞在中に原本を入手のこと。)
    ※規定のフォームに貼付して提出。MS Excel 新着情報
    ※(参考:インボイス送付を講師にお願いする際の文章)
    Your airfare (economy class only) will be reimbursed based on the actual amount paid. If you make payment of the tickets in the currency other than Japanese Yen, the invoice must indicate the date when the tickets were purchased.

    ( COEセミナーを開催する場合は以下も必要)

  3. セミナーポスター(セミナータイトル、開催場所、開始~終了時刻、講演者名を英語で明記)※当方にてセミナー予定のホームページに掲載します。また、セミナーが近くなりましたら、生命機能メンバー宛にセミナーのお知らせを送ります。
  4. パスポート写し(租税条約を適用する場合のみ、本人の顔写真のあるページのコピーを提出ください。)
  5. 租税条約に関する届け出書(租税条約を適用する場合のみ提出ください。)
     ※海外から招聘する研究者の日本国内所得税を免除し、居住国で所得税を支払おうとする場合は、居住者証明の提出が必要です。発行に時間がかかりますので招聘が決まり次第依頼してください。国によって取り扱いがさまざまですので、詳細はCOE企画室・森田までご相談下さい。日本人でも、1年以上アメリカ(あるいはフランス・イギリスetc・・・)に滞在されている場合は、同様の手続きが必要です。
    ※居住者証明を提出しない場合は、招聘する外国人研究者の「旅費」「謝金」の両方から20%の所得税を差し引いて支払われます。
     税条約に関する届け出書:05_租税条約に関する届出書_様式7.pdf

3.講師の滞在中に行う手続き: 提出書類はCOE企画室・森田に提出
  (提出書類:原則は外国送金となります。)


    【外国送金についての注意点】
  1. 外国送金依頼書(旅費滞在費&謝金) MS Word | PDF 新着情報

    原本に本人のサインが必ず必要です。 招聘期間終了までに必ず取得してください。 記載漏れ、記載誤りがありますと誤送金の元となり、 送金できませんので特に注意してください。口座への送金が利用できない場合は従来どおり立替払いを利用してください。

    ◆お支払いは出張終了後、 毎月5日会計決済完了分につき、事務局にて20日に送金手続きを行います。 現地の銀行入金確認には、さらに1週間程度要します。

    ◆2月中旬以降の外国送金はできません。 立替払を利用してください。

    ◆立替払いを希望される場合には、申請者が旅費・謝金を立て替え、渡していただきます。

    ◆原則は旅行終了後の精算払いです。概算払いを希望される場合は予めお知らせください。
    滞在終了後、申請者名義の銀行口座に旅費および滞在費が振り込まれます。)
    ※ 下記書類の提出により、一元化センターにて航空券代を含んだ旅費・滞在費の計算をし、ホストの先生の銀行口座に振り込みます。会計処理が執行されるまで、ホストの先生がお立て替えいただき、講師の方にお渡し願います。なお、会計係の事務手続きの都合上、事務局からの諸経費の出金は月2回となっておりますので、上記書類を遅れて提出された場合には、招聘者帰国1ヶ月後くらいの振込になることもあります。

    代人振込依頼書 MS Exce | PDF
    委任状・受領書 Exel
    | PDF(COE企画室からお送りします。滞在者本人のサインが必要です)★

  2. 航空券領収書(原本)
  3. 航空券往路半券(原本)領収書および航空券往路半券を添付の上、フォームに添付し、提出願います。  MS Excel  
  4. パスポート写し(※謝金が発生し、租税条約適用の場合のみ。顔写真/在留資格の各ページ)
  5. 租税条約に関する届出書(※謝金が発生し、租税条約適用の場合のみ。)
     税条約に関する届け出書:05_租税条約に関する届出書_様式7.pdf

4.招聘した研究者等が帰国後2週間以内に提出する書類:

  1. 航空券帰路半券(原本)領収書および航空券往路半券を添付の上、フォームに添付し、提出願います。   MS Excel 
  2. 出張報告(記録)書 MS Excel(COE企画室より送付します。要:ホスト研究室教授サイン)
  3. 滞在レポート(滞在者本人が作成。Wordファイルにてメール添付で送付下さい。)
  4. デジカメで撮った写真3枚(*.JPGを縮小せず、メール添付にてお送りください。画質が劣化しますので、Wordファイル等への写真の貼付けはしないでください。 )


COE外国人研究者等滞在レポート

事務的なお問合わせは、下記までお願い致します。

--------------------------------------------
森田 晴子 / Morita Haruko
 大阪大学大学院 生命機能研究科 COE企画室
 〒565-0871
 大阪府吹田市山田丘1-3 ナノバイオロジー棟
Tel : 06-6879-4645 FAX : 06-6879-4647
  e-mail : ygscrtry@fbs.osaka-u.ac.jp
--------------------------------------------