生命機能研究科 報道発表 

 

   
受賞名
紫綬褒章 
受賞日時 2006年4月29日(土)
受賞者

平野 俊夫 教授

受賞理由

免疫学研究の功績


紫綬褒章
大阪大学生命機能研究科教授:平野俊夫



平成18年度春の褒章受章者が4月29日付けで発令された。スポーツや芸術、学問で功績を残した人が対象の紫綬褒章は25人と1団体が受章した。トリノ冬期オリンピックフィギュアスケート金メダリストの荒川静香選手、野球のワールドベースボールクラシックで優勝した王貞治監督ら日本代表チーム、女優の吉永小百合さん、歌舞伎俳優の片岡仁左衛門さん、大阪大学理学研究科の原田明教授らとともに、平野教授が免疫学研究の功績を認められ受章した。伝達式は5月17日に如水会館で行われ、その後皇居にて天皇陛下の拝謁が行われた。平野教授は、インタービューに答えて、受章の喜びをあらわすと共に、先輩、共同研究者、家族に謝意を述べた。またインターロイキン6研究をさらに発展させるとともに、亜鉛研究の山をのぼり切る決意を新たにした。今までの生涯で初めて、今は死にたくない(亜鉛研究の山をのぼりきるまでは)と心から思ったことなどを語った。